アトピーの脱保湿の方法

多少荒療治ですが、アトピー性皮膚炎を治すために、あえて肌を乾燥させるという方法があります。つまり、化粧水や乳液をつけたり、クリームを塗るなどといったようなケアを一切やめてしまうのです。実は、肌の乾燥は、きれいになるためのステップだという考え方もあるのです。おそらく、ケアをやめたあとは、ガビガビに乾燥していくでしょうが、それは、肌が、すさまじい勢いで生まれ変わっているという状態だとも言えるのです。たしかに、保湿をやめはじめた頃は、肌は乾燥してしまってボロボロになっていくでしょう。しわくちゃになってしまって、見栄えも悪くなります。乾燥しすぎたあまり、肌が突っ張り、皮膚が裂けてしまって血がでるかもしれません。しかし、それらの工程は、すべて肌が生まれ変わっている証拠なのです。

その症状があるからこそ、敏感肌から強い肌に生まれ変われるのです。ステロイド剤や保湿のしすぎで弱くなった皮膚を、何度も脱皮させることで、肌が強い肌へと生まれ変わることができ、本来の潤いが取り戻せるのです。その強くて健康な肌は、保湿をやめたことによる自然のピーリングから生じるものなのです。アトピー性皮膚炎を最後まで完治させたいのであれば、保湿をやめなければなりません。自分でいくら一生懸命食生活に気を使っても、どれほど運動しても、肌を脱皮させなければ肌は弱いままなのです。それでは、アトピー性皮膚炎を治すことはできません。トラブルに負けない強い皮膚になるために、一度試してみてはいかがでしょうか。

<特集>
アトピーでお悩みの方はこちらのアトピー改善用スキンケア商品をご覧ください ⇒⇒⇒ アトピー 改善